おめでたい新年にふさわしいのはこれ!お正月の装飾品サイト6

お正月に飾る門松の種類は色々あります

 お正月は新しい年を迎える区切りとして、多くの人がお祝いする日です。日本でも3が日は休みの企業が多く、久しぶりに実家に帰省するなどして新しいとしを家族とお祝いします。そんなお正月独特の日をお祝いするために、様々な装飾品が数多くあります。装飾品の代表的なアイテムとも言えるのが、門や玄関前に飾る門松があります。今でも一般家庭だけでなく企業も入口にお正月には門松を飾ることが多いです。実際に飾る事ができる門松ですが、種類として一般的なのが若松一対のものになります。若松2本を使用し1対にしたものを門松と呼ばれており、花屋でも購入することができる簡単なタイプになります。ですがやはり日本独特の門松を注文したい場合は、花屋ではなく造園店に注文する必要があります。また価格も万単位で高価なものが多いです。

 本格的な門松は価格も高いのでなかなか手が出しにくいですが、それでも新しい1年を迎えるためにも重要な装飾品の1つです。門松を飾る理由としては神様が下界に降りてくる際の目印であり、歳神による福や加護を得られるので重要なアイテムの1つです。そのため会社などの場合は、1年間の企業運気をよくする為にも門松を飾るところはとても多いですよ。また最近では門松のデザインにも変化が出てきており、見た目がおしゃれなものも数多くあります。本来であれば竹と若松だけを使用したタイプが一般的ですが、そこに花を飾ったりと様々な装飾がされることが多いです。見た目も華やかだけでなく、お正月をより明るく飾りたいという人が多く利用しています。また造園店だけでなくホームセンターなどでも購入できるようになってきていますよ。

 ただし門松を飾るにはある程度の広さが必要になります。企業や戸建てを持ってる家庭であれば玄関や門に置く事ができますが、アパートやマンションなどで生活している場合は、入口に大きな門松を設置するのは難しいですよね。そのため最近ではより飾りやすいタイプとして、より小さいタイプの門松も多く販売されるようになっています。小さいタイプとしては玄関に置ける小ぶりなタイプのほかに、玄関自体に取りつけて飾るタイプのより小さいサイズのものもあります。神様のご加護があるのであれば、1年を楽しく健康に過ごす為にも門松を飾るのたポイントといえますね。日本においてお正月を飾るための装飾品を飾らない家庭も増えてきているので、やはりしっかり装飾品の1つ1つの意味をしっかり理解して飾ることは重要ですよね。

次の記事へ

PAGE TOP